カテゴリ:西別府町( 37 )

西別府町の花々

今回は、黄金狸豆、ツワブキ、アキノゲシ、犬蓼、ランタナ

黄金狸豆
c0281513_12222499.jpg

c0281513_12222418.jpg

c0281513_12222563.jpg

c0281513_12222665.jpg

c0281513_122226100.jpg

c0281513_1222266.jpg

マメ科タヌキマメ属
別名が、ベビーマラカス
インド、東南アジア原産
実が熟れると、さやの中で種がはずれてカラカラ音をたてる
用途は、緑肥

ツワブキ
c0281513_1222272.jpg

c0281513_12222847.jpg

c0281513_1222283.jpg

c0281513_12222942.jpg

c0281513_12222921.jpg

c0281513_12223016.jpg

c0281513_1223371.jpg

キク科ツワブキ属
別名が、イシブキ、ツワ
日本原産

アキノゲシ
c0281513_12231641.jpg

c0281513_12231696.jpg

c0281513_12232350.jpg

c0281513_12383671.jpg
c0281513_12384340.jpg

キク科アキノノゲシ属
別名がチチクサ(乳草)、葉や茎を切ると白い乳液が出る
東南アジア原産

犬蓼
c0281513_12404028.jpg
c0281513_12404586.jpg
c0281513_12405247.jpg
c0281513_1241076.jpg

タデ科イヌタデ属
別名が、赤まんま
北半球に広く分布

ランタナ
c0281513_1242837.jpg
c0281513_12421460.jpg
c0281513_12421998.jpg

クマツヅラ科ランタナ属
別名が、七変化、紅黄花、コモン・ランタナ
熱帯アメリカ原産
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-18 07:00 | 西別府町

西別府町の花々

今回は、照葉野葡萄、ゴンズイ、ガマズミ、ルドベキア、犬蓼、ツワブキ

照葉野葡萄
c0281513_16282499.jpg

c0281513_16281264.jpg

c0281513_16282493.jpg

ブドウ科ノブドウ属
日本、台湾原産
食べられない野葡萄
果実は、始め白で次第に紫から青に変わる
なかなか美しい実

ゴンズイ
c0281513_16282533.jpg

c0281513_16282514.jpg

c0281513_1628264.jpg

ミツバウツギ科ゴンズイ属
別名が、クロハゼ、狐の茶袋 (きつねのちゃぶくろ)、黒臭木(くろくさぎ)
関東以西、四国、九州の暖帯に分布
ゴンズイの名は、役に立たない魚のゴンズイに似て、材木として役に立たないから
魚のゴンズイ、胸ビレと背ビレに毒針があって刺されると激痛が半日ほど続く
魚そのものは、煮ても焼いても旨いのですが・・・

ガマズミ
c0281513_16282730.jpg

c0281513_16282741.jpg

c0281513_16282851.jpg

c0281513_16282845.jpg

c0281513_16282971.jpg

c0281513_16281779.jpg

スイカズラ科ガマズミ属
別名が、アラゲガマズミ、ヨソゾメ、ヨツズミ
日本、朝鮮半島、中国原産

ルドベキア
c0281513_162915.jpg

c0281513_162927.jpg

c0281513_162926.jpg

キク科オオハンゴンソウ属
別名が、大反魂草
北アメリカ原産

犬蓼
c0281513_16291089.jpg

c0281513_16445861.jpg
c0281513_16456100.jpg

タデ科イヌタデ属
別名が、赤まんま
北半球に広く分布

ツワブキ
c0281513_1648879.jpg
c0281513_16481514.jpg
c0281513_16482439.jpg
c0281513_16483111.jpg
c0281513_16483870.jpg
c0281513_1649416.jpg

キク科ツワブキ属
別名が、イシブキ、ツワ
日本原産
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-14 07:00 | 西別府町

滝を捜して西之谷へ2/2

今回の西之谷の滝行きは、どうやら失敗だったようです
引き返しながら、周辺を散策
ツワブキ、ノコンギクを見つけました

ツワブキ
c0281513_22225361.jpg

c0281513_041380.jpg

c0281513_22233247.jpg

キク科ツワブキ属
別名が、イシブキ、ツワ
日本、台湾原産

ノコンギク
c0281513_2223426.jpg

c0281513_22235580.jpg

c0281513_22235883.jpg

キク科シオン属
別名が、ノギク(野菊)
日本原産
ごくありふれた野菊の1つ

田上川の別の支流を遡っていると、いつの間にか埋立処分場リサイクルプラザの麓に出てしまいました
c0281513_2225161.jpg

処分場の脇にある貯水池の堰
近づいて行くと、左の方から滝の音
予想外の滝発見

古別府の滝 (仮称)
c0281513_22241088.jpg

c0281513_22241129.jpg

c0281513_22242276.jpg

c0281513_22242383.jpg

c0281513_22242377.jpg

c0281513_22244746.jpg

c0281513_2224475.jpg

c0281513_22244827.jpg

c0281513_22245357.jpg

滝の形状から、西之谷の滝ではなさそう
滝の案内板もなく、地図での表記もない
古別府の滝と仮称で命名 (すぐそばに「横井古別府簡易水道組合」の施設があるので・・・)
上・中・下段と3段階に流れ落ちる滝
上・中段の落差は4~5m位で、下段の落差は確認できなかった
豊富な水量で、勢いよく落ちている
通りの直ぐ脇にある滝で、見学・落下防止用の手すりのついた見学場所がある
鹿児島市犬迫町横井古別府までやって来てしまったようです
動画にしっかり記録して帰路についた
西之谷の滝は、またいつか
情報が少なくたどり着けなかったようです
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-04 07:00 | 西別府町

滝を捜して西之谷へ1/2

今回は、西之谷の滝を探して新西之谷公民館から田上川を溯ってみました
道なりに新幹線の橋脚まで行ってみましたが、その先が分りません
少し引き返して別の支流を溯ってみましたが、滝らしい場所はみあたりません
どうやら今回はうまくいかなかったようです
そんな訳で、道中の花々を

ホトトギス、サルトリイバラ、烏瓜、山葡萄

ホトトギス
c0281513_1629494.jpg

c0281513_16291278.jpg

c0281513_16291259.jpg

c0281513_16291373.jpg

c0281513_16291360.jpg

c0281513_162914100.jpg

c0281513_16303830.jpg

新西之谷公民館の脇の通りに咲いていました
ユリ科ホトトギス属
花弁が6枚
日本原産

サルトリイバラ
c0281513_16342610.jpg
c0281513_16343271.jpg
c0281513_163438100.jpg
c0281513_16344384.jpg

ユリ科シオデ属
日本、朝鮮半島、中国、インドシナ半島などに分布
鹿児島では団子をこの葉っぱで包んで蒸して、「かからん団子」を作る
昔からのおやつです

烏瓜
c0281513_16425255.jpg
c0281513_1643075.jpg

ウリ科カラスウリ属
別名が、玉章、玉梓(たまずさ)、 狐の枕(きつねのまくら)
本州以南、沖縄、台湾、中国原産

山葡萄
c0281513_1647310.jpg
c0281513_1647995.jpg
c0281513_16471478.jpg

ブドウ科ブドウ属
冷涼地に分布
食用
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-03 07:00 | 西別府町

西別府町の花々3/3

今回は、ハナシュクシャ、ツリフネソウ、クコ

ハナシュクシャ
c0281513_12192949.jpg

c0281513_12192930.jpg

c0281513_12193032.jpg

c0281513_12193031.jpg

c0281513_12193171.jpg

c0281513_12193184.jpg

c0281513_12193298.jpg

毎度いい香り
ショウガ科シュクシャ属(ヘディキウム属)
別名が、ホワイトジンジャー
インド、マレー半島原産

ツリフネソウ
c0281513_12193254.jpg

c0281513_12193393.jpg

c0281513_12193399.jpg

c0281513_1221458.jpg

c0281513_1221548.jpg

c0281513_1221553.jpg

ツリフネソウ科ツリフネソウ属
別名が、ムラサキツリフネ(紫釣船)
東アジアに分布

クコ
c0281513_12213029.jpg

c0281513_12213131.jpg

c0281513_12213616.jpg

c0281513_12323989.jpg
c0281513_12324593.jpg
c0281513_12325158.jpg

ナス科クコ属
中国原産
真っ赤な実は美しく、食用
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-02 07:00 | 西別府町

西別府町の花々2/3

今回は、スミレ、枇杷、照葉野葡萄、カナムグラ

スミレ
c0281513_16542761.jpg

c0281513_16542875.jpg

c0281513_1654281.jpg

c0281513_1654299.jpg

c0281513_16542946.jpg

空き地に生えた菫
スミレ科スミレ属
丘菫でしょうか、春と秋に花が見られます
全国に分布

枇杷
c0281513_1654303.jpg

c0281513_1654309.jpg

c0281513_16543149.jpg

枇杷のつぼみ、もうじき白い花が咲きます
バラ科ビワ属
中国原産

照葉野葡萄
c0281513_16543168.jpg

c0281513_16543220.jpg

c0281513_16543213.jpg

ブドウ科ノブドウ属
テリハノブドウと読みます
日本、台湾原産
食べられない野葡萄
果実は、始め白で次第に紫から青に変わる
なかなか美しい実

カナムグラ
c0281513_16543315.jpg

c0281513_16543358.jpg

c0281513_16543430.jpg

c0281513_16543480.jpg

c0281513_17152715.jpg

クワ科 カラハナソウ属
別名が、ヤエムグラ
全国に分布
茎に下向きの刺がある
つる草で雌雄異株
写真は、雌花
ホップ(セイヨウカラハナソウ)の花とよく似ているが、ホップのような香りや苦味はない
[PR]
by hana_dan8 | 2013-11-01 07:00 | 西別府町

西別府町の花々1/3

今回は、ガマズミ、ゴンズイ、ツワブキ、犬蓼

ガマズミ
c0281513_22355614.jpg

c0281513_22355120.jpg

c0281513_2235575.jpg

c0281513_22355752.jpg

c0281513_2235586.jpg

ガマズミの赤い実が、ますます赤くなってきました
スイカズラ科ガマズミ属
別名が、アラゲガマズミ、ヨソゾメ、ヨツズミ
日本、朝鮮半島、中国原産

ゴンズイ
c0281513_22355899.jpg

c0281513_223559100.jpg

c0281513_22355994.jpg

c0281513_2236076.jpg

ミツバウツギ科ゴンズイ属
別名が、クロハゼ、狐の茶袋 (きつねのちゃぶくろ)、黒臭木(くろくさぎ)
関東以西、四国、九州の暖帯に分布
ゴンズイの名は、役に立たない魚のゴンズイに似て、材木として役に立たないから
魚のゴンズイ、胸ビレと背ビレに毒針があって刺されると激痛が半日ほど続く
魚そのものは、煮ても焼いても旨いのですが・・・

ツワブキ
c0281513_2236022.jpg

c0281513_2236115.jpg

c0281513_2236168.jpg

c0281513_2236257.jpg

ツワブキの蕾が立ち上がってきました
キク科ツワブキ属
別名が、イシブキ、ツワ
日本原産

犬蓼
c0281513_2236250.jpg

c0281513_2236398.jpg

c0281513_22361463.jpg

c0281513_2304170.jpg

タデ科イヌタデ属
北半球に広く分布
道端の草花
頭に犬が付くのは、役に立たないという意味らしい
赤い小さな果実を付ける、アカマンマ
[PR]
by hana_dan8 | 2013-10-31 07:00 | 西別府町

西別府町の花々3/3

今回は、照葉野葡萄、カタバミ、キツネノマゴ、柿

照葉野葡萄
c0281513_20273589.jpg

c0281513_20273618.jpg

c0281513_20273665.jpg

c0281513_20273728.jpg

c0281513_20273781.jpg

ブドウ科ノブドウ属
ノブドウの一品種ですが、果実は食べられない
熟すと実は、淡紫色から空色で美しい
日本、台湾原産

カタバミ
c0281513_20273876.jpg

c0281513_20273875.jpg

c0281513_20273976.jpg

c0281513_20273982.jpg

カタバミ科カタバミ属
別名が、雀の袴(すずめのはかま)
閉じて垂れた葉の形を袴に見なしたことからとか
庭や畑の草としてお馴染み
草むしりしても少し太い根が残っていて、しつこく再生してくる厄介な草

キツネノマゴ
c0281513_20274097.jpg

c0281513_2027403.jpg

c0281513_20274151.jpg

キツネノマゴ科キツネノマゴ属
道端に生える小柄な草
赤紫の小さな花


c0281513_20274197.jpg

c0281513_20274251.jpg

c0281513_20274235.jpg

c0281513_20281688.jpg

c0281513_20565918.jpg

小粒ですが、鈴なり
甘柿とみえてカラスの食べ痕
空が何処までも美しい
[PR]
by hana_dan8 | 2013-10-26 07:00 | 西別府町

西別府町の花々2/3

今回は、犬蓼、野紺菊、雛桔梗

犬蓼
c0281513_18275733.jpg

c0281513_18275749.jpg

c0281513_18275843.jpg

c0281513_18275849.jpg

道端の草花
頭に犬が付くのは、役に立たないという意味らしい
赤い小さな果実を付ける、アカマンマ

野紺菊
c0281513_1827593.jpg

c0281513_18275997.jpg

c0281513_1828079.jpg

c0281513_1828025.jpg

c0281513_18281100.jpg

c0281513_1828199.jpg

ごくありふれた野菊の1つ
道端の草花

雛桔梗
c0281513_18282100.jpg

c0281513_1828294.jpg

c0281513_1828395.jpg

c0281513_1828348.jpg

c0281513_1828448.jpg

c0281513_18344871.jpg

懲りずに撮ってます、雛桔梗
北米原産の帰化植物
この花も、道端の草花
[PR]
by hana_dan8 | 2013-10-25 07:00 | 西別府町

西別府町の花々1/3

今回は、西別府町の秋探索、すすき、背高泡立草

すすき
c0281513_18114677.jpg

c0281513_18113699.jpg

c0281513_18114676.jpg

c0281513_18113777.jpg

c0281513_18114735.jpg

今くらいになると、すすきの穂を捜すのが楽なんですがね
十五夜の時は、すすきの穂がなかなか見つからずに往生しました
すすきは、逆光ぎみに撮っています
色とび防止とシルエット狙いですが、なかなか旨くいきません

背高泡立草
c0281513_18113884.jpg

c0281513_18114812.jpg

c0281513_18113912.jpg

c0281513_18114952.jpg

c0281513_1811407.jpg

c0281513_18115016.jpg

c0281513_1811418.jpg

c0281513_18115181.jpg

c0281513_18114248.jpg

c0281513_18115263.jpg

c0281513_1822117.jpg

背高泡立草を狙っていたのやら
秋の空を狙っていたのやら
たしかに鰯雲が出ていたような
[PR]
by hana_dan8 | 2013-10-24 07:00 | 西別府町